rezio | Best booking solution for tour & activity company
rezio
SEMINARPRICINGPRESSCONTACT US
LOGINFREE TRIAL

Please read this agreement carefully. You must agree to the terms to proceed the application.

Rezioプラットフォームサービス利用規約(以下「本規約」という。)は、株式会社アクティビティジャパン(以下「当社」といいます。)が提供する本サービスをご利用になるお客様(以下「ユーザー」といいます。)のため、その利用条件を定めたものです。本サービスの利用をご希望のお客様はご利用に先立ち、本規約をお読みいただき、その内容にご同意のうえ、本サービスをご利用ください。


第1条(定義)

本規約にて別段の定めがない限り、以下の用語は、以下の意味で用います。

  1. 「Rezioプラットフォーム」とは、当社のウェブサイト( https://rezio.io/ja )において運営されるRezioオンラインサービスプラットフォームを意味します。
  2. 「本サービス」とは、当社がRezioプラットフォーム上で提供する各種アクティビティ等の商品(以下「商品」といいます。)の予約システムの提供に関するサービス、ユーザー又は第三者が運営する予約システムと連携のうえで各種商品の予約・キャンセル状況の一元的な管理を可能とする予約管理サービスその他の商品の予約等に関連するサービスを意味し、その詳細は別紙「プラン内容」のとおりとします。
  3. 「本サービス利用契約」とは、本規約を契約条件として当社とユーザーの間で締結される本サービスの利用契約を意味します。
  4. 「Rezio管理画面」とは、第4条第2項に基づき、当社が、ユーザーが本サービスを利用するにあたり、Rezioプラットフォーム上に作成するユーザー専用の管理画面(管理者用モバイルアプリにおける管理画面を含む。)を意味します。
  5. 「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、意匠権及びこれらの登録を受ける権利、並びに商標権及び商標登録出願により生じた権利、著作権法に基づき保護される権利、及び不正競争防止法に基づき保護される権利のいずれか又はこれらを総称した権利を意味します。

第2条(本サービス利用契約の成立等)

  1. 本サービス利用契約は、ユーザーが、当社所定の方法により、利用するプランを選択したうえで本サービスの利用を申し込み、当社がユーザーに対して当該申込を承諾する旨を通知した時点で成立します。なお、本サービス利用契約における「通知」は、書面又は電子メール(Rezioプラットフォーム上のメッセージ機能を用いた通知を含みます。)にてなされるものとし、相手方当事者に送達された時点で有効となります。なお、当該相手方当事者の責に帰すべき事由により通知が到達しなかったときは、当該事由が存在しなければ到達したと合理的に考えられる時点をもって有効となります。
  2. 当社及びユーザーは、本規約その他のRezioプラットフォームにおいて表示された利用規約、プライバシーポリシー等の諸規則(以下「利用規約等」といいます。)の内容に同意したうえで、本サービス利用契約を締結するものとし、利用規約等が本サービス利用契約の内容となること、及び、利用規約等(本規約を除きます。)の各条項と本規約の各条項の内容とが矛盾・抵触する場合は、本規約の条項が優先して適用されることを確認します。
  3. 当社は、その裁量により、本規約の内容を変更することができるものとし、ユーザーは、かかる変更について予め承諾します。但し、変更後の内容がユーザーにとって不利益である場合、当社はユーザーに対して変更の30日前までに通知をしなければならず、ユーザーが当該通知から10日以内に異議がある旨の通知をしたときは、変更の効力は生じないものとします。また、ユーザーが当該期間中に異議がある旨の通知をしなかったときは、ユーザーは変更に同意したものとみなします。

第3条(本サービスの有効期間及び利用料金)

  1. 本サービス利用契約の有効期間について、ユーザーは、本サービス利用契約の申込時に、①30日、②1年(365日)、③3年(1095日)、④5年(1825日)及び⑤当社が定めたその他の期間の中から選択するものとします(但し、別紙「プラン内容」記載の「シルバー」プランについては②の期間に限ります。②乃至④記載の有効期間の日数については有効期間中に閏年が含まれる場合も同様とします。)。また、当社又はユーザーのいずれかが、期間満了の30日前までに、相手方当事者に対して本サービス利用契約を終了する旨を通知しない限り、本サービス利用契約は自動的に同一条件により更新されるものとし、以後においても同様とします。但し、更新後の有効期間については、更新の際にユーザーが上記①から⑤までの中から改めて選択するものとします。また、ユーザーは、本サービス利用契約の更新の際に利用するプランを別紙「プラン内容」の中から変更することができるものとします。
  2. 本サービスの利用料金は、別紙「プラン内容」に定めるとおりとします。ユーザーは、当該利用料金について、本サービス利用契約の開始日及び前項に基づく更新後の有効期間の各初日において、当該有効期間に対応する利用料金並びにこれに対する消費税及び地方消費税を、ユーザーがRezioプラットフォーム上で登録したクレジットカード情報に基づくクレジットカード決済の方法その他当社が指定した方法により、当社に対して支払うものとします。なお、別紙「プラン内容」記載のプラチナプランに含まれるリダイレクト(サイト転送)サービスにかかる設定手数料が発生する場合も、ユーザーは同様の方法により当社に対して当該設定手数料を支払うものとします。
  3. ユーザーは、前項の利用料金とは別途、直販サイト、B2B専用予約サイト及び予約エンジン(いずれも第6条第1項において定義します。)の予約手数料として、直販サイト等(第6条第2項において定義します。)を通じた商品販売による売上高(B2B専用予約サイトについては、エンドユーザーが商品代金を直接ユーザーに対して支払った場合、及び、ユーザーとB2B専用予約サイトの利用事業者との間で商品代金の精算をRezioプラットフォーム上の決済システムを利用せずに行う場合の各商品代金は除きます。また、顧客(商品のエンドユーザーであるか旅行業者等のエンドユーザーに対して商品を販売することを目的とする事業者であるかを問いません。以下同じ。)により商品の予約がキャンセルされ、商品代金を顧客に返金する必要が生じたときは、当該返金分は含まれません。以下「直販サイト等売上高」といいます。)に別紙「プラン内容」記載の予約手数料率を乗じた金額並びにこれに対する消費税及び地方消費税を当社に対して支払うものとし、その具体的な支払方法は、以下のとおりとします。
    1. ユーザーは、当月1日から当月末日までの直販サイト等売上高(但し、次号に定めるものを除きます。)に対応する予約手数料並びにこれに対する消費税及び地方消費税を、翌月第5営業日までに当社がユーザーに対して送付する請求書(又はその旨の通知)に基づき、翌月末日までに、当社の指定する金融機関口座宛に振り込む方法により当社に対して支払うものとします。なお、振込手数料はユーザーの負担とします。
    2. 当月1日から当月末日までの直販サイト等売上高で、当社が顧客から直接受領したものが存在する場合(以下、かかる直販サイト等売上高を「当社受領売上高」といいます。)、当社及びユーザーは、当社が、当社受領売上高からこれに対応する予約手数料並びにこれに対する消費税及び地方消費税を控除した金額(以下「精算金」といいます。)をユーザーに対して支払うことによって、当社のユーザーに対する当社受領売上高の返還債務及びユーザーの当社に対する予約手数料支払債務を精算するものとします。当社は、精算金を、翌月第5営業日までにユーザーが当社に対して送付する請求書(若しくはその旨の通知)又は当社がユーザーに対して行う支払通知に基づき、翌々月第1営業日までに、ユーザーの指定する金融機関口座宛に振り込む方法によりユーザーに対して支払うものとします。なお、振込手数料は当社の負担とします。
    3. 前二号の定めにかかわらず、当社及びユーザーは、当月1日から当月末日までの直販サイト等売上高に関する第(1)号に基づきユーザーが当社に対して支払うべき予約手数料並びにこれに対する消費税及び地方消費税と、第(2)号に基づき当社がユーザーに対して支払うべき精算金とを翌月末日をもって対当額により相殺のうえ、その残額のみについて、前二号に従い実際に支払うものとします。
  4. 前二項に基づき、ユーザーが支払った利用料金及び予約手数料については、本サービス利用契約がその利用期間の途中でその理由の如何を問わず終了した場合であっても、一切、返還しないものとします。但し、当社の責に帰すべき事由により本サービス利用契約が終了した場合は、この限りではありません。
  5. 第1項の定めにかかわらず、別紙「プラン内容」の「カスタム」プランについては、当社所定の期間以外の期間を選択することができない場合があります。また、同一プランによる更新が認められず、更新の際に、ユーザーにおいて、別紙「プラン内容」記載の他のプランに変更しなければならない場合があります。

第4条(管理担当者の登録)

  1. ユーザーは、Rezio管理画面を管理する者(以下「管理人」といいます。)をユーザーの役職員の中から少なくとも1名指定するものとします。
  2. ユーザーが、前項の管理人をして、Rezioプラットフォーム上にて所定の情報を登録させたときは、Rezio管理画面を新規に作成のうえ、ユーザーID及びパスワードを当該管理人に通知します。
  3. ユーザーは、自ら又は管理人をして、ユーザーID及びパスワードを善良な管理者の注意義務をもって厳重に管理するものとし、これを第三者(管理人以外のユーザーの役職員を含む。)に対して開示し、又は利用を許諾してはならないものとします。
  4. ユーザーは、管理人を変更する場合には、遅滞なく、当社所定の手続により新たな管理人を登録し、Rezio管理画面にログインするためのパスワードを変更するものとします。
  5. 第2項及び前項で設定したユーザーID及びパスワード(ユーザーID及びパスワードが管理人によって変更された場合、変更後のユーザーID及びパスワードも含む。)の管理は、ユーザーの責任にて行うものとし、ユーザーID及びパスワードの盗用、不正利用その他の事故によってユーザーに損害が発生したとしても、当社は、一切の責任を負担しないものとします。

第5条(接続方式及び接続後の利用)

  1. ユーザーは、Rezioプラットフォームにインターネット経由で接続するものとします。ユーザーは、その責任と費用負担によりRezioプラットフォームを利用するために必要なハードウェア及びネットワーク並びに当社が推奨する環境等の設備機器を調達・設定するものとします。
  2. ユーザーのユーザーID及びパスワードが入力されたうえでのRezioプラットフォーム(Rezio管理画面に限らない。)及び本サービスの利用行為は、すべてユーザーによる権限のある利用行為とみなし、その行為主体にかかわらず、ユーザーの責任において行われたものとみなします。
  3. ユーザー及び管理人は、当社がRezioプラットフォーム上に掲載する利用方法又は別途通知する利用方法以外の方法でRezioプラットフォーム及び本サービスを利用してはならないものとします。これらの当社指定の利用方法以外の方法によるRezioプラットフォーム又は本サービスの利用が原因で本サービスに関してユーザーに事故が発生し、又は、当社若しくは第三者に損害が生じた場合には、ユーザーの責任により当該事故を解決し、かつ、当社又は第三者に生じた損害を賠償しなければならないものとします。なお、本条に定めるRezioプラットフォーム上に掲載又は別途通知する本サービスの利用方法についても、本サービス利用契約の一部を構成するものとし、ユーザーがかかる掲載又は通知後に本サービスを利用したときは、これらに同意したものとみなします。

第6条(予約システム提供サービスの利用方法)

  1. 当社は、ユーザーに対し、その利用プランに従い、Rezio管理画面上の設定に基づき、ユーザーに対して、①ユーザーが取り扱う商品に関してエンドユーザーからの予約を自ら受け付けることができるウェブサイト(以下「直販サイト」といいます。)、②ユーザーが取り扱う商品をエンドユーザー向けに販売、提供することを目的とする旅行業者その他の事業者に対し、ユーザーが取り扱う商品を販売、提供することができるウェブサイト(以下「B2B専用予約サイト」といいます。)、及び③ユーザーが運営するウェブサイト(当社提供の直販サイト及びB2B専用予約サイトを除きます。)に搭載できる予約エンジン(以下「予約エンジン」といいます。)を提供します。
  2. ユーザーは、次の各号に定める事項を直販サイト、B2B専用予約サイト及び予約エンジンを搭載するウェブサイト(以下、これらを総称して「直販サイト等」といいます。)に掲載しなければいけません。
    1. ユーザーの所在地、電話番号その他の連絡先、管理人の氏名、電話番号、電子メール
    2. ユーザーの営業時間、休日(ユーザーの営業時間、休日に変更がある場合、変更の3日前までに告知する。)
    3. 直販サイト等を通じて商品の予約が確定したときは、ユーザーと顧客との間で直接契約が成立すること、及び、商品に関する問合せ、クレームの窓口がユーザーであること
    4. 当社が指定するコンテンツ又はボタン(プライバシーポリシー等法令上掲載することが必要となるもの、広告、活動広報、ホームページ評価ボタン、ショッピングカートボタン等を含む。)
    5. その他法令及びガイドライン等(業界団体の自主ルールを含み、以下「法令等」といいます。)に従い表示が求められる事項
  3. ユーザーは、直販サイト等を利用するに当たり、次の各号に定める行為を行わないことを確約します。
    1. 商品の内容、利用条件その他の事項に関し、法令等に違反する表示、公序良俗に違反する表示(ポルノ、わいせつ、ハラスメント、侮辱、オカルトその他一般大衆に不快感を与える可能性のある内容を含む。)をすること
    2. 法令等又は公序良俗に違反する内容の商品を掲載すること
    3. 商品の内容又は利用条件について、顧客に誤解を生じさせるおそれがある表示(事実の不記載を含む。)をすること
    4. 直販サイト等上の表示及び直販サイト等における商品の予約の取扱いに関し、当社、顧客、Rezioプラットフォームの利用者その他第三者の知的財産権その他の権利又は利益を侵害すること
    5. その他本サービス利用契約に違反する行為を行うこと

第7条(直販サイト等に関するユーザーの責任)

  1. ユーザーは、直販サイト等を通じて商品の予約が確定したときは、ユーザーと顧客との間で直接商品の利用に関する契約が成立し、ユーザーが顧客に対する商品の提供に関して一切の責任を負うことを確認します。なお、顧客が商品代金の支払に関して領収書の発行を求めたときは、当社が当該商品代金を直接受領した場合であっても、ユーザーの責任において当該顧客に対して領収書を発行するものとします。
  2. ユーザーは、直販サイト等に掲載する商品の内容が、直販サイト等上の表示(画像を含む。)に合致していることを保証します。顧客が、商品の内容に疑義を抱き、問合せがあった場合、ユーザーは、直ちに顧客への説明を行うとともに、直販サイト等の表示に対して必要な修正を加えるものとします。
  3. 前項第2文の場合において、当該商品の内容に問題があり、その解決のために調査が必要な場合、ユーザーは、当社に対してその旨報告のうえ、直販サイト等から当該商品を削除するものとします。ユーザーが当該商品をユーザーの直販サイト等から削除しない場合、当社は、当該商品を削除できるものとし、ユーザーは、これに対して異議を申し立てません。
  4. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、ユーザーへの通知なく、直ちにユーザーの直販サイト及びB2B専用予約サイトに掲載された商品の全部若しくは一部を削除するか、予約エンジンの機能を停止することができます。
    1. ユーザーが前条第2項又は第3項に違反した場合
    2. ユーザーが直販サイト等において掲載する商品に関し、顧客から、直販サイト等の表示内容との相違、提供の不履行又は提供の遅延があるとの苦情、指摘が多く寄せられており、商品の内容又はその提供体制に問題があると当社が判断した場合
    3. その他、当社が商品の掲載を中止する必要があると判断した場合
  5. 第3項又は前項に基づき、当社がユーザーの直販サイト若しくはB2B専用予約サイトから商品の全部若しくは一部を削除した場合、又は、当社が予約エンジンの機能を停止した場合であっても、当社は、第3条第2項及び第3項に基づき受領した利用料金(リダイレクト(サイト転送)サービスにかかる設定手数料を含みます。以下同じ。)及び予約手数料を返還する義務、損害賠償義務その他金銭の支払義務を負わないものとします。
  6. ユーザーと顧客その他の第三者との間で、商品の提供に関して紛争が生じた場合、ユーザーは、その責任及び費用負担により当該紛争を解決するものとし、当該紛争に起因して当社に損害(顧客その他の第三者からの請求によるもの及び弁護士費用を含む。)が発生したときは、ユーザーは、かかる損害を当社に対して補償するものとします。

第8条(直販サイトのドメイン名)

  1. 当社が、ユーザーに対し、直販サイトを提供した後、ユーザーは、直販サイトを自らの公式ウェブサイトとして、自らの責任において運営し管理するものとし、当社はこれに関して一切の責任を負いません。
  2. ユーザーは、直販サイトのドメイン名を登録する際、「Rezio」「Activity Japan」及び「KKday」並びにこれらに類似する文字列を使用することはできません。
  3. ユーザーが直販サイトのドメイン名を登録する際、当社又は第三者の商標、サービスマーク、名称、商号、ロゴと同一又は類似するものを使用してはならず、ドメイン名に関して当社又は第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないことを保証します。また、ドメイン名に関して第三者から異議、苦情、請求があったときは、ユーザーの責任及び費用負担により解決するものとし、これにより当社に損害(第三者からの請求によるもの及び弁護士費用を含む。)が発生したときは、ユーザーは係る損害を補償するものとします。

第9条(機能変更・追加)

  1. 当社は、ユーザーの承諾なく、随時、本サービスの機能の変更又は追加をすることができます。
  2. ユーザーは、本サービスの機能の変更又は追加が発生した後に本サービスを利用したときは、かかる機能変更又は追加及びこれらに伴う利用規約等の本サービス利用契約の内容の改定に同意したものとみなします。

第10条(利用停止)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部又は一部の提供を一定期間停止することができます。

    1. Rezioプラットフォームに関係するサーバー、ハードウェア及びソフトウェアの保守又は仕様の変更を実施する場合
    2. Rezioプラットフォームその他の本サービスの提供に必要なシステム(ネットワーク環境を含む。)の機能に障害が発生した場合、又は、発生する可能性がある場合
    3. Rezioプラットフォームに第三者が不正アクセスをする、又は不正アクセスをした可能性があり、直ちにその対処を行う必要があると当社が判断した場合
    4. 天災地変その他の不可抗力又は当社の責めに帰すことのできない事由により、本サービスの提供に必要なRezioプラットフォーム若しくはその他のシステムの運営ができなくなった場合又はそのおそれがある場合
    5. 上記各号の他、やむを得ない事由、又は、当社が自ら、ユーザー若しくは第三者の権利を保護するために合理的に本サービスの停止が必要であると判断した場合
  2. 当社が前項、第16条第2項第3文、その他の本サービス利用契約の条項に基づき本サービスを一定期間利用停止することによって、ユーザーに何らかの損害が発生した場合であっても、当社は、その損害について一切の責任を負わない。また、この場合、当社は、ユーザーに対して受領済の利用料金及び予約手数料を返金する義務を負わないものとします。

第11条(知的財産権等)

  1. Rezioプラットフォーム、Rezioプラットフォーム上のあらゆるコンテンツ及び本サービスに関する一切の知的財産権(商標登録の有無にかかわらず、Rezioという名称の利用権を含む。)は、すべて当社又は当社にライセンスを付与する第三者に帰属します。但し、直販サイトにユーザーが掲載したテキスト、絵、写真、映像及び関連する著作物又は資料(以下、総称して「テキスト等」といいます。)の著作権は、当該資料を作成した当事者に帰属します。
  2. ユーザーは、本サービスの利用以外の目的でRezioプラットフォームにアクセスすることはできません。ユーザーは、本サービスの利用に必要な限度内で、本サービス利用契約に基づきRezioプラットフォームへのアクセスが許諾されているものであり、Rezioプラットフォーム及び本サービスに関する知的財産権その他の権利をユーザーが取得するものではないことを確認します。
  3. ユーザーは、本サービス利用契約に基づき当社に提供するすべての有形及び無形の資料(直販サイト等及びRezioプラットフォーム上で使用されるテキスト等を含む。)が、第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないことを保証します。
  4. ユーザーが、第三者が著作権その他の知的財産権を有する資料を複製し、改変し、編集し、修正し、又は変更し、それらを直販サイト等に掲載する場合、当該第三者から知的財産に係るライセンスを事前に取得するものとします。
  5. 第3項及び前項に定める知的財産権及びこのライセンスに関する紛争が起きた場合、ユーザーは、当該紛争についてすべての費用を負担し、単独で責任を負います。当社がユーザーの紛争に関して第三者に金銭の負担をした場合、ユーザーは、当社が負担した全額(弁護士報酬及びその他の費用を含む。)を当社に補償します。
  6. ユーザーは、Rezioプラットフォームの運営のため、当社及びその関連会社が、ユーザーが知的財産権を有するテキスト等を必要な範囲で複製、改変、編集、修正又は変更すること、及び、これらをRezioプラットフォーム又は当社のその他のオンラインサービスプラットフォームにおいて当社が適切な方法で掲載することを許諾します。

第12条(禁止事項)

ユーザーは、次の各号に定める行為をしてはならないものとします。

  1. 当社、顧客その他の第三者の権利を侵害する行為又は侵害するおそれのある行為
  2. Rezioプラットフォームの内容及びプログラムを複製、改変、改ざん又は消去する行為
  3. Rezioプラットフォームのデコンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブルその他Rezioプラットフォームのソースコード、又はプロトコルの解析行為
  4. 本サービスを通じて当社がユーザーに提供する情報・資料を第三者に提供する行為
  5. 虚偽若しくは不正確な情報を当社に通知(Rezioプラットフォーム、Rezio管理画面、及び直販サイト上への掲載・登録を含む。以下、本号において同じ。)する行為、又は、必要な情報を故意に当社に通知しない行為
  6. ユーザーが直販サイト等に掲載する商品に関連する法令等や公序良俗に違反する行為、又はそのおそれのある行為
  7. 上記各号の他に甲が不適切と認める行為

第13条(免責)

  1. 当社は、本サービスの提供によっても、ユーザーに対して、ユーザーの事業における売上げ又は収益、その他のユーザーの営業上の利益の確保を何ら保証しません。
  2. 当社は、本サービスの利用に起因してユーザーが被った損害又は費用(直接的なもののほか、逸失利益等の間接的、付随的、派生的に被った損害又は費用を含む。)について、当社に故意又は重過失がある場合を除き、損害賠償の責任を負いません。
  3. 当社は、ユーザー又は第三者が管理するシステム又はネットワーク環境の障害に起因して、Rezioプラットフォームに異常が生じた場合、当該事由によりユーザーに生じた損害に関し一切責任を負いません。
  4. 当社は、(ⅰ)Rezioプラットフォームの誤作動、不作動、バグ、中断、停止、アクティビティ情報の消失、ウィルス等の有害プログラムの感染その他当社の責めに帰すべからざる事由が存在する場合、又は(ⅱ)第10条第1項各号の規定により、Rezioプラットフォームを正常に提供できない場合であっても、これらによりユーザーに生じた損害に関し一切の責任を負いません。
  5. 当社は、Rezioプラットフォームに関するデザイン、インターフェースその他一切の管理機能を予告なしに変更又は削除することがあり、当社は、これによりユーザーに生じた損害について一切責任を負いません。
  6. 当社及びユーザーは、戦争(内乱、騒擾等を含む。)、天災地変、火災、盗難、法令改正、行政命令その他当社又はユーザーのいずれの責にも帰すべからざる事由により、本サービス利用契約の義務の履行が困難となり若しくは不可能となった場合には、かかる事由が生じている間、相手方に対し、これらに基づく一切の責任を負いません。
  7. 当社は、次の各号のいずれもユーザーに対して保証しません。
    1. Rezioプラットフォームが本サービス利用契約の有効期間中、常に正常に機能、作動すること
    2. Rezioプラットフォームが本サービス利用契約の有効期間中、停止しないこと
    3. Rezioプラットフォームに何ら欠陥がないこと
    4. 本サービスがユーザーの意図する利用目的に合致すること
    5. Rezioプラットフォーム上の表示、本サービスに関して当社が提供するアドバイス、マニュアル等に誤りがないこと
    6. 本サービスの提供がいかなる第三者の権利をも侵害しないこと

第14条(委託)

当社は、本サービスの提供に必要な業務の全部又は一部を、ユーザーの事前の承諾なく、第三者に委託することができるものとします。また、当社は、第19条の規定にかかわらず、本サービスの提供に必要な範囲内に限り、ユーザーの秘密情報を当該第三者に取り扱わせることができるものとします。

第15条(譲渡禁止)

  1. ユーザーは、当社の書面による事前の同意なく、本サービス利用契約上の地位並びに本サービス利用契約に基づく権利及び義務を第三者に移転又は譲渡してはいけません。
  2. 事業譲渡その他の理由によりRezioプラットフォームの運営主体が当社から第三者に対して移転した場合、当社は、本サービス利用契約に基づく当社の地位を当該第三者に対して承継することができるものとします。

第16條 第16条(契約の終了)

  1. 第3条第1項の規定にかかわらず、甲は、Rezioプラットフォームのサービス停止その他のやむを得ない事由により、本サービスの提供が著しく困難となった場合には、ユーザーに対して通知することにより、本サービス利用契約の有効期間の途中でも、本サービス利用契約を終了させることができるものとします。この場合、当社は、これによりユーザーに生じた損害について一切責任を負わず、また、受領済の利用料金及び予約手数料を返還する義務も負いません。
  2. 第3条第1項及び前項の規定にかかわらず、当社又はユーザーが、本サービス利用契約の有効期間中、次の各号のいずれかに該当した場合、相手方当事者は、通知することにより直ちに本サービス利用契約を解除することができます。なお、第7号、第8号に該当する場合は、当社のみが解除することができます。また、当社は、ユーザーが次の各号に該当した場合は、本サービス利用契約の解除に代えて、ユーザーのRezio管理画面、直販サイト、B2B専用予約サイト又は予約エンジンの利用停止措置その他の本サービスの提供を停止する措置をとることができるものとします。
    1. 本サービス利用契約に基づく義務の履行を怠り若しくは本サービス利用契約に基づき表明保証した事項の違反があり、他の当事者から催告の通知を受けた後10営業日以内に、その履行又は是正がなされない場合
    2. 本サービス利用契約に基づく重大な義務に違反した場合
    3. 支払の停止があった場合、又は、破産手続開始、民事再生手続開始若しくはその他の適用ある倒産手続の開始の申立がなされた場合
    4. 解散の決議をしたとき(但し、合併による場合を除く。)
    5. 保有する財産について仮差押、仮処分、差押、保全差押又は競売の申立があり、当該申立が30日以内に取り消されなかった場合
    6. 相手方の責に帰すべき事由により自らの信用が著しく毀損されたとき、その他相手方に著しい背信行為があるとき等、本サービス利用契約の継続に重大な支障を生ずる事由が発生した場合
    7. 当社が、ユーザー又は管理担当者と連絡が取れない場合
    8. ユーザーが、正当な理由なく、3ヶ月以上継続して本サービスを利用しなかった
  3. 前二項に定める場合を除き、当社及びユーザーは、本サービス利用契約を有効期間の途中で解約又は解除することはできないものとします。
  4. 本サービス利用契約が終了した場合においても、第2条第2項、第4条第5項、第5条第3項、第7条第6項、第8条第3項、第10条第2項、第11条、第13条、第15条、第17条、第18条、第22条から第24条並びに本項の定めはなお有効に存続し、第19条の定めは本サービス利用契約の終了後3年間なお有効に存続するものとします。

第17条(損害賠償)

  1. 当社及びユーザーは、本サービス利用契約に違反した結果、相手方に損害が生じたときは、相手方に対し、当該違反の直接の結果として現実に生じた合理的な範囲の通常の損害(機会損失、逸失利益にかかる損害その他の消極的損害を除く。)に限り、賠償するものとします。
  2. 前項に基づき当社が負担する損害賠償の額は、本サービス利用契約に基づく直近6ヶ月分の利用料金相当額を上限とします。本サービス利用契約に基づき相手方に対して負担する債務の支払いを遅滞したときは、当社又はユーザーは、未払債務の金額に対し年率14.6%の割合で算出した損害金(年365日の日割計算による)を相手方に対し支払うものとします。

第18条(個人情報保護)

  1. ストリーミングAPIを介してユーザーから当社に開示される第三者の個人情報(個人情報保護法その他の法令により保護される氏名、住所、電話番号、電子メール、性別、年齢又はその他の個人情報を含む。)(以下「第三者の個人情報」といいます。)に関し、ユーザーは、当該データを当社に提供する前に、当社が第三者の個人情報を処理し使用することを認める当該第三者からの同意を取得済みであることを表明し保証するものとします。
  2. ユーザーは、第三者の個人情報の収集、使用及び処理に際し、個人情報保護法その他の法令を厳守するものとし、個人情報保護法その他の法令の違反はRezioプラットフォームの信用を傷付けるものであることを十分に理解するとともに、第三者の個人情報の適切な保管・廃棄方法、情報管理担当者の指定及び従業員教育の実施を含め、第三者の個人情報の漏洩防止のために必要な措置を講じるものとします。
  3. 当社がユーザーによる第三者への個人情報の漏洩又は個人情報保護法その他の法令の違反により損害を被った場合、ユーザーは、故意・過失にかかわらず、発生したすべての損害及び費用(顧客への謝罪に係る費用や弁護士費用を含む。)に責任を負うものとします。

第19条(秘密保持)

  1. 当社及びユーザー(以下、本条において「被開示者」といいます。)は、本サービス利用契約に関して相互に開示される、相手方(以下、本条において「開示者」といいます。)の営業上、技術上、財務上、経営上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます。)を、善良なる管理者の注意をもって秘密として保持し、開示者の書面による事前の承諾を得ることなく、第三者に開示、提供又は漏洩してはならず、また、本サービス利用契約の目的以外の目的に使用してはならないものとします。但し、次の各号に定める情報は、秘密情報には含まれないものとします。
    1. 開示者より知得する時点で被開示者がすでに保有していた情報
    2. 開示者より知得する時点で既に公知である情報、若しくはその後被開示者の責によらず公知となった情報
    3. 正当な権限を有する第三者より秘密保持義務を負わされることなく被開示者が入手した情報
    4. 秘密情報を利用することなく、被開示者が独自に開発した情報
  2. 前項の規定にかかわらず、被開示者は、法令等又は取引所規則等の定めに基づき開示を求められた情報については、当該法令等又は取引所規則等の定めに基づいて開示することができるものとします。この場合、被開示者は、要求を受けた範囲内でのみ開示するものとし、当該要求を受けたときは、速やかにその旨を開示者に通知するものとします。
  3. 被開示者は、第1項本文の規定にかかわらず、本サービスの提供のために秘密情報を知る必要がある自己又は自己の関連会社の役職員並びに弁護士、公認会計士又は税理士等の職務上守秘義務を負う専門家、Rezioプラットフォームに係る当社の事業の譲受人(譲受希望者等を含みます。以下「譲受人」といいます。)、譲受人に融資又は投資を行う金融機関及び投資家その他譲受人の資金調達に際して開示が必要と合理的に判断される第三者(格付機関及び潜在的投資家等を含みます。)に対して秘密情報を開示することができるものとします。その場合、被開示者は、それらの者に本規約に基づく秘密保持義務と同等の義務を課し、当該義務を遵守させなければならないものとします。
  4. 被開示者は、本サービス利用契約に定める義務の履行において秘密情報が不要になった場合、開示者から要求があった場合は、秘密情報を相手方に返還し又は開示者の指示に従った処置を行うものとします。
  5. 第1項本文の規定にかかわらず、当社は、Rezioプラットフォームの運営に必要な範囲内で、株式会社KKDAY JAPAN、KKDAY.COM INTERNATIONAL COMPANY LIMITED (TAIWAN)その他の当社の関連会社又は当社と秘密保持契約を締結した会社に対して本規約に基づく秘密保持義務と同等の義務を課したうえで、秘密情報を提供することができるものとします。

第20条(反社会的勢力等の排除)

  1. 当社及びユーザーは、自らが反社会的勢力等に該当し、又は反社会的勢力等と次の各号のいずれかに該当する関係を有する者ではないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。なお、当社及びユーザーは、次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合には、直ちに相手方に通知します。
    1. 反社会的勢力等と契約(種類及び内容の如何を問わない。)を締結している関係
    2. 反社会的勢力等が経営を支配し、又は経営に実質的に関与していると認められる関係
    3. 自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力等を利用していると認められる関係
    4. 反社会的勢力等に対して資金等を提供し又は便宜を供与するなど、直接的若しくは積極的に反社会的勢力等の維持運営に協力し、又は関与をしていると認められる関係
    5. 会社法第423条第1項に定義される役員等若しくはこれに準ずる者又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有していること
  2. 当社及びユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを確約します。なお、当社及びユーザーは、次の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合には、直ちに相手方に通知します。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. その他上記各号に準ずる行為
  3. 当社及びユーザーは、反社会的勢力等の排除に厳正に取り組んでおり、双方が相手方による前2項の確約に依拠して本サービス利用契約の締結及び履行をすることを確認します。
  4. 当社又はユーザーの一方について、第1項及び第2項の確約に反する事実が判明した場合には、その相手方は、通知を行うことにより何らの催告も行うことなく、本サービス利用契約を将来に向かって解除することができるものとします。
  5. 前項の規定により本サービス利用契約が解除された場合には、解除された者は、その相手方がこれによって被った損害等を賠償しなければならない。また、解除された者はかかる解除により自己について生じる損害等について一切の請求を行わず、その相手方は何らこれを賠償することを要しないものとします。

第21条(通知義務)

ユーザーは、本サービス利用契約に別途定めのあるもののほか、次の各号のいずれかに該当する事実が生じる場合、事前に当社に通知しなければならないものとします。

  1. 商号、代表者、本店住所又は重要な組織の変更
  2. 第16条第2項各号のいずれかに該当する事実があるとき、又はそのおそれがあるとき

第22条(条項の独立性)

本規約の条項の一部の効力が、裁判等により否定された場合であっても、本規約の他の条項の効力には何らの影響を及ぼさない。

第23条(契約外の事項)

本規約の条項その他本サービス利用契約の解釈に関する疑義又は本サービス利用契約に定めのない事項については、当社及びユーザーは誠意をもって話し合い、解決に努めるものとします。

第24条(適用法令、裁判管轄等)

  1. 本サービス利用契約に適用する法令は、日本国の法令とします。
  2. 本サービス利用契約に関する紛争に係る事件の第一審の専属的合意管轄裁判所は、東京地方裁判所とします。

別紙 プラン内容

プランシルバーゴールドプラチナカスタム
基本利用料1年(365日間)契約のみ提供¥7,700 (税込) / 30日¥16,500 (税込) / 30日別途協議
1年 (365日間)
長期利用料 *1
¥0¥84,000 (税込) / 365日
1ヶ月あたり約¥7,000 (税込)
¥180,000 (税込) / 365日
1ヶ月あたり約¥15,000 (税込)
別途協議
3年 (1095日間)
長期利用料 *1
-¥237,600 (税込) / 1095日
1ヶ月あたり約¥6,600(税込)
¥504,000 (税込) / 1095日
1ヶ月あたり¥14,000 (税込)
別途協議
5年 (1825日間)
長期利用料 *1
-¥378,000 (税込) / 1825日
1ヶ月あたり約¥6,300 (税込)
¥798,000 (税込) / 1825日
1ヶ月あたり約¥13,300 (税込)
別途協議
予約手数料 *23.5%3%2.5%別途協議
サービス内容
  • 直販サイト作成
  • 自社サイト予約エンジン
  • オンライン決済
  • 予約の一元管理
  • 在庫の一元管理
  • 外部サイト/OTA接続
    - アクティビティジャパン
    - KKday
  • スタッフによる運用サポート
  • 言語と通貨の切り替え表示
  • オリジナルバウチャー作成
  • ストア開設数:1
  • ユーザーアカウント数:1
  • 直販サイト作成
  • 自社サイト予約エンジン
  • オンライン決済
  • 予約の一元管理
  • 在庫の一元管理
  • 外部サイト/OTA接続
    - アクティビティジャパン
    - KKday
  • スタッフによる運用サポート
  • 言語と通貨の切り替え表示
  • オリジナルバウチャー作成
  • ストア開設数:1
  • ユーザーアカウント数:5
  • 管理者用モバイルアプリ
  • 追加オプションのアップセル
  • 直販サイトのショッピングカート
  • お客様とチャットでやり取り
  • クーポンコード発行
  • 直販サイト作成
  • 自社サイト予約エンジン
  • オンライン決済
  • 予約の一元管理
  • 在庫の一元管理
  • 外部サイト/OTA接続
    - アクティビティジャパン
    - KKday
  • スタッフによる運用サポート
  • 言語と通貨の切り替え表示
  • オリジナルバウチャー作成
  • ストア開設数:3
  • ユーザーアカウント数:10
  • 管理者用モバイルアプリ
  • 追加オプションのアップセル
  • 直販サイトのショッピングカート
  • お客様とチャットでやり取り
  • クーポンコード発行
  • B2B専用予約サイト開設
  • 直販サイト内キーワード検索
  • リダイレクト (サイト転送) *3
別途協議

*1 長期利用料のお支払いは、お申込時の一括払いに限ります。
*2 直販サイト及び予約エンジン経由の予約、並びにB2B専用予約サイト経由で決済システムを使用した予約が対象となります。
*3 プラチナプランのリダイレクト(サイト転送)サービスを利用するためには、別途、初回の設定手数料として5,000円 (税込) のお支払いが必要となります。